Jul 16, 2015

【終了】9/26日「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」上映会&表示の見方ワークショップ

nogmo_campaign
【東京都世田谷区】
食品選びの時に気になる「遺伝子組み換え」表記。「遺伝子組み換えでない」を選んでいるから大丈夫!と思いきや、知らないうちに遺伝子組み換え食品を食べているという落とし穴もあるんです。映画やワークショップを通して、遺伝子組み換えについてしっかり学ぶことができるイベントです。(大阪開催についてはページ下をご確認ください)

日本の遺伝子組み換え表示のしくみを学びましょう!

日本でも、実は大量に流通している遺伝子組み換え食品。アメリカの子育てパパの目を通して明らかになるその実態とは?ユーモアあふれる話題の映画を通して、遺伝子組み換えのことをもっと知りましょう。上映の後は、日本の遺伝子組み換え表示のしくみについて、楽しく学べるゲーム形式のワークショップを開催します。

〈映画〉
わが子に対する責任感から「食の安全」に目覚めた子育てパパが、タネ好きな長男の影響もあって、遺伝子組み換え(GMO)に関心を持つ。そもそも、 アメリカでは表示義務すらないため、遺伝子組み換え食品の存在自体があまり知られていないのが現状だ。パパは疑問に思い、家族と共に遺伝子組み換え食品の謎を解く旅にでる。そこから明らかになる遺伝子組み換え食品の真実とは? 雄大な自然の風景や、明るいユーモアにも彩られた、遺伝子組み換え食品(GMO)をめぐる、オー・マイ・ゴッド(Oh  My  God!)なロード・ムービーです!
監督:ジェレミー・セイファート、2013年、第63回ベルリン映画祭正式出品作品

〈ワークショップ〉
「遺伝子組み換えでない」を選んでいるから大丈夫、と思っていても、知らないうちに遺伝子組み換え食品を食べている人が、日本でも大部分を占めています。一体、なぜそんなことが起こってしまうのでしょう? 遺伝子組み換え表示の思わぬ落とし穴をきちんとを知って、自分や家族の身を守りましょう。映画の後では、そのためのワークショップを開催します。ないがしろにされている消費者の「知る権利」についても、一緒に考えます。

〈こんなお楽しみも!〉
ワークショップでのゲーム優勝者には、農薬も化学肥料も遺伝子組み換え原料も一切使っていない厳選素材でつくられたアイガモ米せんべいをプレゼント。普通のスーパーでは買えない逸品です!この貴重さも、ワークショップに参加するとよくわかります。

〈講師〉
天笠啓祐
ジャーナリスト。遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表。遺伝子組み換えの問題点を指摘し続けて来たこの方面の第一人者。著書「遺伝子組み換え作物はいらない!広がるGMOフリーゾーン」他多数。

安田美絵
自然食教室ルナ・オーガニック・インスティテュート主宰。食の安全を守る立場から、TPPや遺伝子組み換え問題の啓発など社会活動にも取り組む。ウェブサイト「サルでもわかる遺伝子組み換え」、著書「サルでもわかるTPP」他。

この上映会を皮切りに、よりわかりやすい表示を求める運動を拡大していく予定です。 みなさん、ぜひご参加ください!


日時:9/26日(土)
〈昼の部〉開場13:30、上映開始14:00、ワークショップ15:30~16:30
〈夜の部〉開場17:30、上映開始18:00、ワークショップ19:30~20:30
参加費: 1人 1,000円
定員: 各回とも96人
会場:せたがやがやがや館(東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩7分)
主催:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
※告知&申込サイト“こくちーず”よりお申し込みください。
→昼の部お申し込みはこちら
→夜の部お申し込みはこちら

※大阪でも開催されます
→大阪開催の詳細こちら

(写真・イベント概要:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)

メールマガジン
おすすめのイベント情報やコラムのご紹介をメルマガでお届けします。「新着情報や人気コラムをまとめて知りたい」という方はぜひご登録ください!
最新の記事をチェック

関連記事