Oct 9, 2015

オーガニック先進国イタリアでのスローライフ・2

italy2_1
北イタリア・ベルガモで、自然派志向のパートナーとオーガニックライフを送っている飯島さおりさんより、ベルガモ便りが届きました。毎日よく使うアイテムの紹介から、イタリアの人々が何を大切にしているかがちょっぴり垣間みれるお便りです!


今回は、私がよく利用するベルガモにあるオーガニックスーパー
「Il Sole e la Terra(イル ソレ エ ラ テッラ)
の商品を何点かご紹介したいと思います。

このスーパーでは、食料品を買うことが多いのですが、日用雑貨や化粧品なども販売されています。また、日本のお豆腐や梅干し、お醤油なども販売されていてとても便利です。

まず、商品の中で、一風変わったものとして、みなさんにご紹介したいのは、『Noci del Sapone』という名前のくるみの洗剤です。
italy2_5
主にインドやネパールを原産とした植物「Sapindus Mukorossi」が原料で、直径2~3cmのくるみの殻にはサポニンという成分が含まれています。
(* サポニン:環状構造をもち、植物の成分として広く分布する配糖体一類。水に溶解して石鹸のように泡を生ずる。その泡立ちから「天然の界面活性剤」と言われるほど。この利点を生かし洗剤としても利用されている。)

普通の洗剤は、サポニンに化学薬品を加えて作られているそうですが、『Noci del Sapone』は天然素材のみで作られています。
ほぼ毎日、どの家庭でも使う洗濯用洗剤ですから、健康面や自然環境に与える影響を考えると、明らかに違ってきますね。

使い方は、付属の小さな布の袋に5~6個のNoci (ノチ=くるみ)を入れます。
その袋を洗濯物と一緒に洗濯機に入れ、あとは通常の洗濯操作です。

特に、綿やウール、またその他のデリケートな素材の洗濯に適しているそうです。
エコであり、通常の洗濯洗剤よりも価格は安く、様々な素材にも使用でき、アレルギーや炎症を起こす要素はないという利点の多い優れもの商品です。
ただ一つ難点なのは、100%自然のものなので、Nociの殻の茶色い色が出ることがあります。そのため、白いものの洗濯には不向きです。

次にご紹介するのは、カフェインレスの飲み物です。
現在、私は妊娠中なのですが、妊婦にとって水分補給はとても重要ですよね!毎日同じ飲み物では、飽きてしまいます。
このスーパーは、カフェインレスのハーブティーやコーヒーの種類が豊富にあり、とても充実しています。

italy2_4
食後のティー、寝る前のティーなどと分類されているものもありますし、パッケージも可愛く、選ぶときに迷ってしまいます。
結局、内容よりもパッケージのデザインでチョイスしてしまうことも多々あります。。。

italy2_3
日本だと、「デカフェ」がコーヒー好きの妊婦さんに親しまれていることが多いと思いますが、カフェインレスのコーヒーと言えば、デカフェの他に、イタリアでは caffe’ orzo (カフェ オルゾ = 麦コーヒー)というものも普通に販売されています。 名前の通り麦のコーヒーです。本来のコーヒーと比べると香ばしく、まさに麦の香りがしますので、好き嫌いはあるかもしれません。

カフェやレストランでも、caffe’ orzoをおいているところは少なくないので、イタリアにお越しの際には、ご興味のある方は試されてみてもよろしいかもしれません。(日本でも、販売されていると思います。)こちらのパッケージも可愛くて、おしゃれ! 飾っておくだけでも可愛いです。

飯島 さおり

約15年間の航空会社での勤務を経て、イタリア・Bergamoに移住。ファッションセレクト・サイトショップ『SaoRice(サオリーチェ)』を立ち上げ、主にヨーロッパの人気商品、カスタマイズにこだわったオリジナル商品を日本へ発信している。また、イタリアブランド日本展示の際の翻訳や、イタリアファッションサイトの翻訳など、幅広く活躍している。
http://www.saorice.com/
メールマガジン
おすすめのイベント情報やコラムのご紹介をメルマガでお届けします。「新着情報や人気コラムをまとめて知りたい」という方はぜひご登録ください!
最新の記事をチェック

関連記事