Dec 15, 2015

働くママや自然派ママを応援「子どもと食べたい時短おやつ」出版インタビュー・菅野のなさん

nonaevent1a
当サイトにご協力頂いている、オーガニック料理教室「ワクワクワーク」主催のnona(菅野のな)さんが、12月に「子どもと食べたい時短おやつ」(タツミムック)を出版されました!卵・乳製品を使わず、ほぼ全てのおやつが20分以内でできるという「時短レシピ」がたくさん掲載されています。そこで、ご本人に出版された本についての想いや掲載されているレシピ、ママさんが知りたいことなどについて、色々とお話を伺ってきました。

—本の出版、おめでとうございます。まずはじめに、この本を通してママさんたちに伝えたい想いを教えて下さい。

「卵乳製品を使わずに、簡単におやつが作れることを知って欲しいと思ってます。卵乳製品アレルギーじゃなくても、今まで食べていたおやつの多くには入っていたであろう、バターや卵を使わず、クッキーやケーキなどが作れることを知って欲しいですね。それは、家にある材料でも作りやすいということにも繋がるので、是非チャレンジして、日々の暮らしに生かして欲しいと思ってます。」

—「簡単におやつが作れる」というのがポイントですね。

「そうですね。『卵乳製品なし』『簡単おやつ』などがテーマのレシピ本は他にもあるのですが、このレシピ本では『時短』もキーワードになっています。毎日忙しく働くママさん、育児にてんてこまいなママさんでも、準備時間はオーブンまで10分しかかからないレシピも沢山あるので、時間に余裕のないママさんたちでも気軽に作れるんだよ、ということを伝えたいですね。本書は子どもと食べたいというのが大きなテーマではありますが、もっと幅広く楽しんで頂きたいという思いもありますね。」

—粉もののケーキやクッキー、和のおやつやゼリーなど、ほぼ全てのレシピが20分以内でできるというのは驚きなのですが、レシピを開発する上で大変だったことはありますか?

「卵乳製品なしということで、ちゃんと固まるか、作りやすいかなどをクリアするのに微妙な油や水の量の調整は大変でした。あとは、甘さを控えめにしたかったので、調度いいラインの調整も大変でした。満足感も得られつつ、どれくらいまで控えめにできるかを、グラム単位で変えて何度も試作し、『これでは物足りないよね』『これでは膨らまないな。。』など、副代表の母と試行錯誤しましたね。『簡単に作れる』という点にもこだわりたかったので、実はレシピ開発にはとても時間がかかっています!」

nonaevent2

—試行錯誤をしながら作られたレシピですが、特に思い入れのあるレシピなどはありますか?

「教室でも人気のある、バナナケーキの完成が、本で伝えたい内容の基準となり、他のレシピ開発を引っ張っていったな、と思います。バナナケーキで1つの基準が出来たことで、『クッキーやドーナッツだったらどうかな』
『ガトーショコラもできるね』『この材料は家にないよね?』など母と話しながら、作りやすい材料という点も意識してレシピを作って行きましたね。
いきなりスパイスとか言われても、家にはきっとシナモンくらいしか置いてないし。。エキスパートじゃなくても、お家で作れるということを大事にしました。」

nonaevent4
出版イベントで用意された試食用のバナナケーキ

nonaevent5同じく試食用の米粉のガトーショコラ

—「作りやすい材料」という点も意識して作成されたレシピですが、良い食材を選ぶポイントや、選んだ食材がおやつの出来に影響する点などを教えて下さい。

「本書のレシピは材料がシンプルなので、素材の味がダイレクトに反映されます。素材が良いものである方がおいしく仕上がるので、できれば素材選びは納得のできる、信頼できるものを選らんで欲しいですね。
自然食品店や通販サイトなどで、素材を探すのもおすすめします。最初から全てを揃えるのは大変なので、良く使う小麦粉や、油などの調味料から揃えていくのがいいですね。欲を言えば野菜も良いものを使って欲しいけど、無理のない範囲で、出来るところから良い素材を採用してみてください。素材が良い方がおいしいし。本書内にも、教室でおすすめしている食材を載せてますので、是非参考にしてください。」

—卵・乳製品を使わないおやつというと、焼き菓子などは「粉っぽくならないかな」などと、うまくできるか心配なママさんもいると思いますが、本書のレシピでは、どのような工夫がされていますか?また、失敗しないコツはありますか?

「基本はきちんと計量することですね。計量スプーンで測る時も、きちんと指でこそぎとったり。最後までしっかりレシピ通り作るのがとても大事です。ちゃんと出来るようになってからアレンジしてほしいと思ってます。」

—お菓子作りの初心者さんだと、バターや卵など、「つなぎ」の役目があるものを使っていないと「パサパサになるのでは?」と不安になることもあると思いますが。。

「そこは、油や水、レシピによっては材料そのものがその役目を果たしています。例えばバナナケーキでは、バナナそのものがつなぎとなるしっとり感を担ってます。レシピの材料ひとつひとつが機能するように考えられているので、最初はレシピ通り作ることが失敗しないコツですね。」

—本書を見て、時短でおやつも手作りできるようになるのは理想的ですが、それでもどうしても忙しくて時間がないとき、市販のおやつ選びで気を付ける点はありますか?

「裏の原材料名をよく見て、本当にこれを子どもにあげたいと思えるかどうか、他と比較して、材料が比較的少ないものを選ぶ、理解できるものを選ぶなどが大事ではないかと。
あと、このお店だったら安心というのを見つけておくのも良いと思います。市販のおやつをあげる以前に、出かけるときはおにぎり1つ2つ持つだけでも、子どもにとっては十分おやつになるのでおすすめしたいです。蒸したお芋などもいいですね!」

—この本を手にとる方の中には、お子さんのアレルギーで悩んでいる方も多くいらっしゃると思います。そんなママさんに伝えたいことはありますか?

「アレルギーは心配で、もちろんとても大変なことではありますが、『そのために何ができるんだろう』と、日々の食生活をみつめ直し、向き合って努力することはとても良いことだし、実はお子さんとの仲も深まったというママさんを教室で沢山見てきました。良いきっかけと前向きにとらえてもらえればいいな、と思ってます。」

—この本はそういうママさんたちを応援する本でもありますね。

「そうですね。教室のママさんたちもおやつ作りを楽しんでいたので、是非、お子さんと一緒に楽しくおやつ作りをして頂けたら嬉しいです。」

—料理・育児教室や、通信講座の開設など、日々活動に忙しいのなさんですが、出版を終え、次に取り組んでいきたいことはありますか?

「現在、私がやっている教室の認定講師の先生が育って来ているので、講師の先生たちにもご活躍頂けるように、体制を整えて行きたいと思っています。」

—それは、のなさんの想いを継承する方を増やして行く、ということにも繋がりますね。

「そうですね、今の(自分と家族の)食を見直すきっかけを、多くの方に届けたいなと思ってます。」

nonaevent7出版イベントでは美味しい甘酒が振る舞われました

nonaevent3のなさんの想いを応援する方々の楽しいトークも

—本日は、お忙しいところありがとうございました。

のなさんにお話しを伺いましたが、料理教室をはじめて9年、多くのママさんたちと寄り添いながら、大切にしたい、伝えていきたい、という想いがこもった素敵なレシピ本だと感じました。
「簡単に作れる」「時短」というテーマからも、お子さんと一緒に楽しみながら作るのもいいですし、ママさんに限らず、パパさんだってチャレンジしやすいですね。まさに、現代の忙しいママ・パパさんたちの強い見方!多くの方が本書を手にとり、手軽におやつ作りを楽しみ、お子さんが喜ぶことを願っています。

Amazon他、書店で販売中です。

ヘンシュウチョウ

自然派ママノート編集長&IT企業代表。オーバーワークと不規則な生活で体調を崩したことをきっかけに、体に優しいライフスタイルを追求中。現在は甘酒を飲むことと、毎日のウォーキングが日課。初心者目線でみなさんにわかりやすく、情報をお伝えして行きます!
メールマガジン
おすすめのイベント情報やコラムのご紹介をメルマガでお届けします。「新着情報や人気コラムをまとめて知りたい」という方はぜひご登録ください!
最新の記事をチェック

関連記事